メンズ

コールセンターの規模で変動する容量|PBXは比較して選ぼう

展示会の施工とは

女性

展示会のブースは人を導き最終的には顧客を獲得することを目的としています。これまでのノウハウや実績、あるいは会社内部での人件費を抑えることで費用を抑え、展示会施工の費用に還元しています。打ち合わせを重ね、見積書を作成し、仕上がりはCGで提示されるようになっています。

詳細を読む

営業支援システムとは

システム

SFAとは営業支援システムと訳されています。これまでは営業マンの経験や勘に頼っていたものを自動化、又は科学的根拠に基づいてこれを改善することで生まれたもので経費節減と共に営業効率が上がるものとされています。パソコンやスマートフォン等の普及で簡単に利用できるところが人気の理由になっているようです。

詳細を読む

起業の製品発表の機会

ブース

展示会は企業の製品を世間に告知する絶好のチャンスです。せっかく行うのであれば、成功させることが大事なポイントになります。開催場所や開催時期はその中でも重要な位置づけになります。そしてできる限り多くの告知が必要になります。

詳細を読む

コールセンターの構築

男性

コールセンターを構築する場合、絶対に必要なのがPBXです。PBXは電話回線の呼分配を行い適正なコールセンター管理を行うために必要な装置になります。自社で設置することも可能ですが、その金額はかなり高額なものとなります。容量は、コールセンターの規模で決めることになりますが、専用の設置場所も必要になります。データサーバーなどと同じ管理をする必要があり、保守やメンテナンスにも高額なコストがかかります。最近ではクラウドシステムでPBXを利用することができます。コストは自社設置と比較すると安いのですが、使用するにはそれなりの金額がかかります。使用する分だけの契約をできる点がメリットになります。また変更などの手続きに時間を要することもデメリットです。

PBXを導入する際には、各社のメリットとデメリットを比較する必要があります。インフラ面の比較は特に重要となります。PBXの導入は高額なコストがかかります。そのためのちに変更したくてもそう簡単に変更することはできないのです。PBX本体と専用の電話機、そして各種マネジメントシステムが統合されていることが一般的ですが、この種類を別の会社の製品と結合することはできません。そのため一つの会社の製品を使用することが多いため、導入前の比較検討が重要になるのです。マネジメントシステムはコールセンターを効率的に運営するために絶対的に必要です。そのため使い勝手などを事前に確認しておくことが大事なポイントになります。