営業支援システムとは|コールセンターの規模で変動する容量|PBXは比較して選ぼう
スーツの人達

コールセンターの規模で変動する容量|PBXは比較して選ぼう

営業支援システムとは

システム

SFAはSales Force Automationの略語で国内においては営業支援システムと訳されています。これまで経験や勘、あるいは根性に頼るような営業を行って来ていたものが自動的、あるいは科学的な根拠に基づいて改善されたものが米国から1990年代の中頃から入って来たものです。営業マン本人に顧客情報が留まりがちなものを営業活動に伴う情報をデータ化することでこれを共有し活用することで営業業務の生産性をあげ、効率化を図ることを目的にシステム化されました。元来事務処理のプロセスを自動化することを目指したものはオフィス・オートメーションであったものが、営業プロセスの自動化を目指したものがSFAとされています。

SFAが人気になった理由としては誰でも手軽に利用できるところにあるとされます。1990年代前半頃は企業においてもパソコンが活用されていなかったところも多くありました。現在では企業においてパソコンは必需品にまでなって来ています。又、2010年頃からはスマートフォンやタブレット端末が利用されるようになり、広く普及することになりました。これらの変化から誰でもSFAを利用することが可能になりました。このために社員に研修を受けさせることも必要なく利用できるようになると会社側としての経費削減に結び付くものとなりました。大企業に限らず中小企業においても導入するところは増えて来ています。比較的に低コストであることや日報管理も出来て営業効率が上がるのが人気の元になっているようです。